MENU

FX 強制ロスカットとは!?

強制ロスカットとちょっと怖そうな言い方の取り決めがあります。

 

強制ロスカットとは、トレーダーの証拠金維持率がある数値より下回った場合に、利用者に通知せずに取引業者によって強制的に保有ポジションの決済が行われるという措置のことです。

 

レバレッジの設定が大きすぎると、損失がでた場合にトレーダーが被る被害も大きくなります。

 

たとえば取引が行われていない時期とか、週末に何らかの事件が起きて、相場が大きく急変したときに、自動的に強制ロスカットが行われて、証拠金がなくなるばかりではなく大きな借金になるケースまであります。

 

こんな特別な事をFXデモトレードのシステムで経験しておくと、証拠金以上のレバレッジをかけたFX取引では冷静にレバレッジをコントロールすることができ、トレーダーが感情的にならないメリットもあります。

 

実際にFXデモトレードを行ってみるとわかると思いますが、小さなレバレッジでは利益も少ないこと、大きなレバレッジでは強制ロスカットの危険があることが、理解できると思います。

 

実際に高レバレッジ取引ができる外為業者もありますので、このような高レバレッジの取引を行う方は是非FXデモトレード体験を事前にしておくことをお勧めします。