MENU

FXとは何のこと!?

FXは「Foreign Exchange」の略で日本語に直すと「外国為替証拠金取引」となります。

 

そもそも「為替」の意味合いとしては本来は「何かを交換すること」ということです。

 

遠方に住む人同士が、商品を売買するのに「現金」を持ち歩いて取引をしていると、盗難や紛失などのリスクがつきまといます。為替という制度は、現金を持ち歩かなくていい方法として考えられました。

 

外国為替とは「外国のお金と日本の通貨である円を交換する」ことを差します。

 

また「証拠金取引」とは、FX専用口座に預け入れた「証拠金」を元手に取引をする意味です。

 

預け入れた証拠金に対して倍率(レバレッジ)をかけることで、持っている証拠金の数倍〜数百倍もの金額の取引が簡単にできるようになります。

 

たとえば「証拠金10,000 円×レバレッジ100 倍=1,000,000 円」で計算すると1 万円の証拠金で100 万円分の取引を行うことがでることになります。

 

ただレバレッジの倍率を高く設定するとリスクも上がります。

 

ですのでベテラン投資家でも高すぎるレバレッジを実際に行う人は少ないようです。

 

確かに利益が出たときの金額が大きいものがありますが、損失が出たときの金額にも
損失レバレッジが架かります。

 

初心者の方でしたら2〜3倍位のレバレッジをお勧めします。

 

ベテランでもこのレバレッジの倍率はせいぜい〜5倍くらいに抑えるるそうです。