MENU

FXの基軸通貨とは!?

FXでいわれる言葉として「基軸通貨」があります。

 

「基軸通貨」とは、他の通貨よりも流通量が多く、どこの国でも取引ができる通貨のことを言います。

 

皆さんのよく知っているドル通貨は基軸通貨として使われています。

 

ドルですと世界中ほとんどどこへ行っても通貨として通用します。

 

最近になり基軸通貨としての地位を獲得しつつあるのはユーロ通貨です。

 

ヨーロッパではこのユーロはほとんどの国で通用しています。

 

実際、ユーロを用いて日常生活を行っている人口は、アメリカ国民の数よりも多いくらいなのです。

 

世界的に見れば、ドルからユーロへと、基軸通貨を変える動きが起こりつつありますが、完全にユーロに移行するまでにはまだまだ時間がかかるのではないでしょうか。

 

ユーロを採用している欧州圏で、為替変動リスクがないという特性があるからです。

 

このように、基軸通貨というのは時代によって変わっていきます。

 

最近でも第一基軸通貨はまだドルですが、サブプライムローン問題が起こったときにドルが暴落したのは、記憶に新しい事件でした。

 

このときもドル、ユーロの両方を持つことによるリスク分散は必要なことです。