MENU

FXで大切な証拠金について

FX(Foreign Exchange)取引のことを日本語では「外国為替証拠金取引」と呼んでいます。

 

「証拠金取引」とは、FX業者に証拠金として預け入れ、それを元手にFX取引をするということをいいます。

 

証拠金を預け入れてその金額に対してレバレッジをかけてうんようすることで、最初に預けた金額の何倍もの取引ができるようになります。

 

なぜ、このような仕組みかといいますと為替レートの変動は1日に何十円も上下するものではないのが理由のひとうです。

 

実際に、1円、2円の変化があったとしたらその上下はかなり大きいものです。

 

ほとんどは数十銭といった単位で取引がされています。

 

投資家の目をFXに向けてもらうには、少しの為替レートの変動でも、大きな利益を得られる仕組みがなければ到底無理なのです。

 

FX口座を開き、FX取引を開始するための最低金額としては最低1万円くらいを想定しているFX会社が多いようです。

 

そうしますと、最低取引通貨単位が1万通貨となっている場合は、1万円預け入れて1万ドルを取引しようするならば証拠金1万円に対しておよそ100倍のレバレッジをかけなければならない状況になります。

 

こんなに高すぎるレバレッジをかけておいてもし損失が出た場合には本当に大変なことになります。

 

初心者の方はなるべく少額過ぎる証拠金でFXを始めるのはやめましょう。