MENU

FX投資では休みも大切

FXは口座を開設して一度始めたら、絶えず休み無く運用を続けなければならないといいますわけではありません。

 

FXは1年くらいは続けて運用してみないと、なにが自分に「合う」のか「合わない」のかがわからないものです。

 

投資を続けて運用していくうえで損失をだしてしまうこともあるかもしれません。

 

こんなときに無理をして投資を継続してしますと、いつもはなんでもないことでも判断が鈍っているかも知れませんので簡単な投資ミスに繋がるかもしれません。

 

投資をつづけて行く上での「休み」は必要です。

 

判断力が鈍っているとき取引しなければ、損失も利益もなく、資金を減らす心配はありません。

 

下手に取引に参加して損失をだしてしまっては元も子もありません。

 

一回運用から離れてみて、頭をリフレッシュしてから元にもどればいいのです。

 

一番不味いのは、損失を出した場合に「何が何でも取り返す!」といった状態でFXに取り組んでも、ほとんどの場合は損失を取り戻せず、さらに損失が増えてしまうという泥沼にはまってしまったら困りものです。

 

損失を出したときは、自分の適用してきたルールが少しずれているかもしれません。

 

運用を休み、頭を冷静な状態にしてからルールの反省をしてみましょう。

 

またFXの運用を再開するときは多額な資金でいきなりいくのではなく、小額の資金運用から少しづつ身体を慣らしていくのもいいかもしれません。