MENU

FX取引で暴落はチャンス

FX投資で一番怖いのは相場の暴落ではないでしょうか。

 

実際のFX取引では相場の暴落で損失を出す方も多いのですが、この暴落をチャンスとして利益を出す人もいます。

 

どうしたら、そんなことができるのでしょうか?

 

大きな暴落がおさまって相場が下げ止まったら、その後のある程度の期間は上昇に転じることは、誰でも予想がつきますよね。

 

相場が暴落し「これが底だ」と思える時点で通貨を買って、長期間(1か月程度)ポジションを保有しておくと、結果的には買ったときのレート(相場の底のとき)よりも、価格が上がる可能性は極めて高くなります。

 

このような方法で利益を取りに行く人もいます。

 

また、相場の暴落というのは、一定のサイクルで起こるといわれています。

 

大きな暴落が来た後にすぐに次の大きな暴落がくることはほとんどなく、数か月くらいは大きな暴落が起こりません。

 

たとえば、暴落のサイクルを意識しながら投資をしていて、年に数度の暴落を投資のチャンスとして備えている投資家は、年間数回の取引でも儲けることができます。

 

つまりこのような投資家は「どこが相場の底かを見極める」ための情報収集を怠ってはいません。

 

そのように自分なりの投資戦略をもって継続している人が最後にはFXで勝つ秘訣となります。