MENU

FXリスク 季節との関係

FXで運用は季節との関係も考えていくことは大切です。

 

FXは、24時間、365日、いつも同じ調子で取引が行われているわけではありません。

 

1日で考える場合でも「活発に取引が行われる時間」「取引の少ない時間」があります。

 

これを1年といいます時間軸から見てみますと、日本の決算期、ボーナス、お盆、クリスマス、などの行事がある季節には取引が活発になったり、また取引が減ったりすることがあります。

 

このことは日本だけの話ではなく、各国の行事によっても取引の増減が影響を受けます。

 

もっと具体的な話ですと、日本の盆休みは欧米でも夏季休暇を取る人が重なり、市場は「夏枯れ市場」と言われます。

 

またアメリカでは感謝祭(11 月後半)、クリスマス(12月)があったりでそういった季節の行事には取引に増減がありますので、FXの運用に適用していきます。

 

こうした季節的なリスクについても知っておくことが賢い投資につながります。

 

また時差の関係で日本人にとっては週末でも世界的に見れば市場は動いているということもあります。

 

市場の相場はこうして寝ている間も動いています。たとえば寝ている間に相場が暴落したり、次に日が日本の金融機関がお休みでしたら証拠金を追加することもできずに、成すすべもなく損失をこうむった結果になった日本の投資家もいました。

 

日頃から世界的な時間の差を意識することが大切と思います。

 

もしPCをお持ちでしたら世界の相場を見ることができるアメリカで運営しているサイトもあります。

 

これを自分のPCのディスクトップのアイコンを作っておいて、寝る前、朝起きたときに相場を確認してから仕事に行くのが私の日課になっています。

 

寝ているときの相場の動きが罫線で表示されていますので、もしこの罫線の動きに大きな乖離があったときはその理由の情報を考えます。