MENU

FXリスクを損失から学ぶ

FX取引が利益をだすためには自分なりの運用ルールをしっかり決めて、その決めたルール通りにトレードをしていくことはすごく大切を考えます。

 

自分の運用ルールを決めたら最低でも3が月くらいは同じルールで運用してみてください。

 

自分のルールのどこがいいのか、また良くないのかはこのくらいの運用暦がないと確認できません。

 

ただ相場の状況がいつもと変わればそれに合う新しい投資ルールを考えることも必要です。

 

損失を出してしまったときには、今までの自分の投資ルールに問題があるかどうかを考える絶好の機会かもしれません。

 

損失をして悲しんでいるばかりではなく、その損失から学ぶ姿勢が大切だからです。

 

メモ帳を用意して「ポジションの取り方は間違っていなかったか」「利益確定のタイミングが遅すぎたのではないか」「損切りのレートは自分のルール通りに適切であったか」などを数字にして書き込んでもいいかもしれません。

 

なるべく損失を出しすぐにこの作業をおこないましょう。すぐですとその原因に思いつく機会が増えます。

 

そして、書き出した数字を実際のチャートと照らし合わせてみてください。

 

たとえば「高値で買いポジションを取得していた」などの反省点を見つけられるかもしれません。

 

これもノートに書きこんで次の投資ルール作りに役立てるのです。

 

また再度FX投資に復活するときは、間違っても一気に取り返そうとかの考えは捨ててください。