MENU

口座開設スプレッドで選ぶ

成功者の「コスト意識」を学ぼう!

 

FX業者は、利用者からの手数料を収入源としています。

 

私たちFX利用者にとっては手数料が低いほうがありがたいです。

 

ただ「手数料無料」という言葉だけに踊らされないでください。

 

FX業者は取引手数料を取ることで、サポート体制を充実させたり、ニュース・経済情報の提供を充実させているFX業者もあるからです。

 

また手数料が無料の場合ですが、スプレッドを大きく設定しているFX 業者もあります。

 

スプレッドとは 売値と買値の差のことです。この差額でFX業者は利益を取ります。

 

現在1 ドル85円10 銭〜15 銭だった場合には、売値が85円10 銭で、買値が85円15 銭になります。このとき差は5銭ですので、「スプレッドは5 銭」と表現します。

 

このような場合取引回数を多く、細かい利益を得る取引法(デイトレードやスカルピングなど)を希望する人が、あまりにもスプレッドが大きい業者を選んでしますと、取引コストがかかりすぎることになります。

 

また、中長期にポジションを保有するスタイルで取引をしたい場合、破綻をしないFX業者を選ぶことが大切ですし、破綻をしても、利用者の資産が保全されるFX業者を選ぶことも必要です。

 

そうした場合には、安全・安心なFX業者を選ぶことを優先し手数料のことだけに目を奪われないことが大切です。

 

自分の売買スタイルを良く考えましょう。そしてそのスタイルに合うFX業者を選ぶことが大切です。