MENU

FX口座開設について

いろいろ資料を取り寄せて取引をするFX会社が決まったら、次はFX口座の開設をすることになります。

 

口座の開設は、郵送、インターネットのいずれかでできるfx会社が多いようです。

 

FX会社では利用者の審査をしますが「多額の負債などを抱えているとか」余程のことでなければ審査が通らないということは滅多にありません。

 

それでは口座開設に関してどんな内容の記述をするかを説明します。

 

FX口座の開設申込書には何も難しいことを聞かれるわけではなく住所や氏名、他にも自分のことを記述していきます。

 

ただ、記入する内容は非常に多いので、項目ごとにミスがないように書いていきます。

 

全部記述した後も全体を見直して、書き間違いや、特に記入内容の矛盾がないかということをチェックしていきましょう。

 

インターネット申込をする場合は、メールアドレスを正しく記入することが大事です。

 

FX口座を開くためのパスワード、本人確認の書類、出金するときの振込口座などもミスなくチェックをしてください。

 

特別に書き方のコツなどはありませんが「正直に書くこと」「ミス無く記入すること」が大切です。

 

また「外国為替保証金の取引がない」にチェックを入れると申込が通りにくいFX会社もありますので、できれば「1 年以上」と入力しましょう。